HOME WELL BEING HOKKAIDO(北海道の旅の今) 白い恋人パークとさっぽろテレビ塔。人気観光スポットの今を動画でレポート
白い恋人パークとさっぽろテレビ塔。人気観光スポットの今を動画でレポート

白い恋人パークとさっぽろテレビ塔。人気観光スポットの今を動画でレポート

日常を取り戻しつつある札幌。しかし観光施設ではまだまだ旅行客は少ない。それでも、各施設は感染対策をしたうえで、それぞれの強みを生かしてお客さんを呼び込んでいた。今回は、白い恋人パークと札幌テレビ塔、2つの人気スポットの今を動画でお伝えする。

目次

    安心してコロナ疲れを癒せる、白い恋人パーク

    白い恋人パークは、北海道の人気のお土産「白い恋人」を中心に、製造ラインの見学やオリジナルスイーツ作りが楽しめるテーマパークだ。

    この時期、中庭は夏の花盛り。平日でも遊びに来た家族連れを多く見かけた。

    「最近では、近隣のお客様や道内のお客様を中心に、コロナの自粛疲れを癒しにご来場いただけていると思います」と話すのは、白い恋人パーク・チケットセンター主任の白川真実さん。

    ガリバータウン・ポッケ

    パーク内のコロナ対策も万全だ。検温や消毒はもちろんのこと、子どもたちも遊べる「ガリバータウン・ポッケ」では、午前・午後1回ずつに入場を制限している。入れ替えの間に子どもたちの手に触れる箇所を消毒・清掃して次の回に備えるという。

    「天気の良い日にはローズガーデンで綺麗な花を眺めながら白い恋人ソフトクリームを食べることがおすすめです。自粛を頑張ったご褒美にぜひ楽しい時間を過ごしにきてください。お待ちしております」(白川さん)

    お菓子工場だけあって衛生への取り組みは徹底しており、フェイスガードを付けたスタッフの笑顔の対応も良い。この場所なら安心して遊べるのではないだろうか。(2020年7月15日12:00頃 撮影)

    さっぽろテレビ塔は、3密を避けた外階段を解放中

    札幌市のランドマーク「さっぽろテレビ塔」。撮影をした日は平日の昼だったからか、訪れている人はまばらだった。展望台では、空いたのをいい機会に上ってみた雰囲気の地元客がおり、自分の家の方角を探してはしゃぐ声が聞こえてきた。

    さっぽろテレビ塔の営業部、菊池遼太さんに話を聞くと、「今は旅行者の方が減っておりますが、市民の方を中心にきていただいています」とのこと。

    館内では、ソーシャルディスタンスの確保のためにいすやベンチを取り除き、入場人数も制限しているため、視界はスッキリ、眺めを楽しむには最高の状態だった。

    展望台からの眺め

    また、年2度ほどのイベントでだけ開放されていた外階段が、今ならば上り放題!
    「外の階段になるので密を気にしないで上に登れます。景色を楽しみながら登ってください」と、スタッフの男性もおすすめしていた。

    352段を上り切るのは並大抵の体力では無理そうだが、ステイホーム期間になまった体を奮い立たせるのに一度チャレンジしてみようかと思案中。(2020年7月15日14:00頃 撮影)

    長い自粛や、コロナによる塞ぎがちな気持ちを癒したいと思って出かけても、少しでも不安が残っていたら、逆にストレスになってしまうかもしれない。だからこそ、しっかりと対策をしている施設の情報を知り、安心して出かけて欲しい。

    MORE INFO:

    さっぽろテレビ塔

    住所: 〒060-0042 北海道札幌市中央区大通西1丁目 Unnamed Road、1丁目
    電話番号: 011-241-1131
    公式WEB: http://www.tv-tower.co.jp/

    白い恋人パーク

    住所: 〒063-0052 北海道札幌市西区宮の沢2条2丁目11−36
    電話番号: 011-666-1481
    公式WEB: https://www.shiroikoibitopark.jp/